WATCH•SWISS
スイス
ヨーロッパの中央に位置する小国

3つの地域に分類され、その中で4つの言語が使われている人口800万人の小さな国、スイス。

ヨーロッパのちょうど中央にある小国スイスは、多くの点で多様性を維持しています。スイス連邦共和国は何よりもまず、世界で最も偉大な民主主義国のひとつであることを誇りにしています。その壮大な眺望が世界の津々浦々にまで知られ絶賛されている傍ら、長きにわたるホスピタリティの伝統を受け継いできた多民族国家でもあります。

偉大な民主主義国

スイス国民が享受している権利により、スイスは国民が最も直接的に政治に参加している国です。

スイスの直接民主主義制度はしばしば羨望の的となります。実際に市民は議会の代表を経由せず自らの見解を表明する機会を有しております。 1848年に近代スイスを設立して以来、600回近くの国民投票と国民主導が連邦レベルで組成されてきました。同様の権利が地方行政区画や地方自治レベルでも存在しています。

平和の合流地点

重要な国際的組織の主催国として、スイスやジュネーブ市は世界中で認知された平和の大使です。実際に、スイスは平和プロセスの活動ができる場として、また平和的な紛争解決に貢献できる場として長い伝統を有しています。

国内において、社会平和は社会的パートナー間の交渉を必要としています。スイスは、環境保護のみならず、社会的発展、治安面における生活の質が特に高く評価されており、政治的安定と社会的安定は、自国の経済活動へ重要な貢献を果たしています。

競争力のある国家

スイスの生産コストの高さは、産業、科学、金融そして商業の競争力を維持するにあたり現在の課題になっています。したがってスイスは、国内総生産で最も高い割合(3%以上)を研究開発に投資している国であり、この全体の3分の2以上が民間部門によって占められています。

教育/訓練システムの質は、もうひとつの優れた資産です。学術的教育と職業教育を同時に進めるデュアル・トレーニング、高度な教育機関や大学はしばしば国際的な事例として取り上げらます。

スイスの急速な経済成長は、供給と構造の両方の面において、産業構造の多様性や評判によっても説明できます。幾つかの例を挙げれば、工作機械、製薬、時計は長年にわたり厳格な国際的顧客層からの需要があります。

全体として見ればスイス経済は革新的能力の絶え間ない更新と特に効果的な資源の最適化を伴った多くの才能と様々な種類の専門知識の総和なのです。 

国際的団体や協会

100年以上もの間、スイスは領域内、特にジュネーブ、ベルンおよびバーゼルで数多くの国際的組織や機関の主催国を務めてきました。

国際連合の諮問資格を有する250の非政府組織もまたスイスに本部を置いており、多くの国際スポーツ連盟なども同様です。

スイスの実像

いくつかの数字はスイスを要約するには、十分ではありませんが、偉大なる成果を有する小さな国の特徴を例示しています。

スイスの発明

スイスは天然資源が不足していますが、アイデアでは事足りないことはありません。特に強いパフォーマンスを背景に、科学的分野の出版物や特許の数は、スイスの人口比率からみても多くの国際的比較において上位国のなかでも最上位に位置しています。

発明は経済成長の基盤であり国際競争力を強めるものです。長い間多くのスイスの研究者や企業は、定期的な科学的進歩もしくは製品の提案あるいは製造力により差別化を図ってきました。そして、それらは革新的あるいは革命的でもあるのです。